トリノユウの自己発信

ファッションやライフスタイルに影響を与えるかもしれない情報を発信します。

周りの大学デビューで乗り遅れに気が付いた状況について

こんにちは。

 

お久しぶりです。

 

 

トリノユウです。

 

 

世間って広い様で、
実はとても小さいな。
なんて感じたことはありますか?

 

世間ってこんなにも狭かったのか。


自分の知り得ている情報なんて、
まだまだ浅はかなものだったんだな。と。

 

情報を得る媒体として、急速に盛んになったSNS

 

しかし、ここまでネットが盛んになるまで、
皆さんはどうやって外の情報を得ていましたか?

 

今だと、知りたい情報から、関連のある似た情報まで自動で提示してくれるアプリとかありますよね。

 

どこのお店が流行っているだとか、
どの有名人がカッコいい、可愛いだの、
この服が流行っているんだとか、
それはもう、山の様に。

 

しかし、ちょっと前に遡って、
そんなネットも無い時代。

 

そういう情報を皆さんはどうやって入手してましたか?

 

やはり、テレビや雑誌ですかね。

 

あとは、流行りに敏感な友だちとかでしょうか。

 

それでもやはり、
流行の最先端に自分を位置付けたり、
世の中のあらゆるものを知るって言うのは難しかったと思うんです。

 

だから、少し流行りのものを見つけると、
家族や友だちに話して、

 

それ、今だとみんな知ってるから。

 

それ、みんな当たり前に流行りだから。

 

なんて口走ったりして、
その場で一番自分がわかってる気になってしまったり。

 

そんな経験ある人、多いのでは?笑

 

しかし、そんな情報も、
ひとたび都会の街に足を運ぶと…


自分の周りだけ知らなかっただけで、
当然の流行りだったり。

 

もうその流行りすら、
過ぎた後だったり。

 

そんな時、
ああ、自分の世界はまだまだこんなにも小さいものだったのか。


なんて思ったりしたんです。

 

はい。


実際、筆者も身に染みた経験です。笑


といっても、ほんの一例に過ぎませんが。


そんな経験をしながら、
オシャレしたいな〜と思いつつ、
全然服の知識もセンスもなかった筆者。

 

流行りを知ったかぶりしながら、
大学生になります。

 

周りの環境もガラッと変わりました。

 

オシャレな人多いんですよね。


大学生って。

 

キラキラしてるというか。

 

雰囲気から醸し出されてくる、
大学生感というんですかね。

 

そういったキラキラに憧れてしまう筆者。

 

バイトを始め、
自分で自由に使えるお金が増えた頃。


遂に踏み出すんです。

 

自分のお金で初めて、
自分だけでアパレルショップに行くんですよ。

 

もう、これ程までに未知な空間はなかったですよ。

 

よく、
組み合わせとかあんまりわかんないから、
マネキンをそのまま買う人とかいるじゃないですか。

 

あれ、まんま筆者でした。

 

マネキン買いというか、
マネキンが着ている服装が一番流行りの様に見えて、


あれさえあれば大丈夫か!

 


安心して買ってしまえ!


という気にされるんですよね。

 

そんな筆者が初めて友だちと行ったお店が、
WEGOさんだったんですよね。

 

とりあえず、オシャレな街といえばの
原宿にあるお店なら、
自分もオシャレになれるのではないか!

 

初めてバイトで手にした大金もありますしね。
(初バイトの最初のお給料なんて大したことはないんですけどね。あの頃は大金でした。)

 

しかし。


買い物にワクワクしていたのは行くまででした。

 

現地に着いてみて驚きました。

 

まずは服の種類ですね。


なんとかネック〜とか、
なんとかシャツ〜とか、
なんとかパンツ〜の様に、
パーツパーツでそれは豊富な種類があるんですよね。

 

次に、カラーやサイズ。


奇抜な色から地味目な色まで沢山の種類が揃えられています。


サイズもS.M.L.XLなどなど。

 

あとは値段ですね。


今までは必要最低限を買ってもらって、
むしろ、服なんていらないから何処かへ連れてって〜なんて甘えていた少年ですから。


服の相場なんて知らなかったんですね。

 

この3点だけでも、目が回りそうなのにも関わらず、
なんの下調べもしていなかった筆者。


何がオシャレで流行っているものなのかなんてわかるはずもありませんでした。

 

でも、せっかく友だちと初めて服を買いに来たのだから!


と強気に攻めていきました。
(友だちの前だからというのもあって格好つけたかったのでしょう)

 

案の定、買い物が終わってみると。


マネキン買いをしてました。笑

 

あの頃だから着れたのであろう、
あのフード付きチェック柄ブレザーと
白シャツにファッションネクタイ、
そこにベージュのパンツを合わせた、
制服っぽいコーデセットは忘れられません。汗

 

あの頃はそれを得意げに着こなしていました。


はい。

 

しかし。


気が付くのです。


大学に、こんな奴いないと。


もう少しまとも?な格好というか、
みんなオシャレだぞ。と。

 

あの子、いつもダラっとしたスウェットなのに格好いい。

 

あの子、スポーティな格好よさ。

 

あの子は、大人っぽい落ち着いたオシャレ。

 

そこには沢山のオシャレが詰まっていました。

 

今考えると、ホント、イジメられなかっただけ、クラスメイトに感謝します。(陰ではダサトリノとか呼ばれてたかもしれませんが)

 

そこからかもしれません。


本気でオシャレを考えないと、
大学生活乗り遅れてしまう!と思い始めたのは。

 

そして、始まるのです。


オシャレになる前に必要な事。

 

無難になる事を。


ダサい→無難へのシフトチェンジです。

 

と、毎回筆者の思い出話みたいな記事ですみません。

しばらくは続きます。笑

 

 

 

後になってしまいましたが、
更新の間が結構空いてしまいました。
筆者の体調不良のせいであります。
ご心配して下さった皆様。


ありがとうございます。


これからも、そこそこのスパンで記事を投稿していきたいと思っていますので、
よろしくお願いします。

 

 

コメントなどお待ちしております。

 

Twitterもやってます。

お気軽にフォローよろしくお願いします。

 

Twitter,@torinoyuu

きっとあるダサくなってしまう些細なキッカケについて

こんにちは。

 

トリノユウです。

 


魅力的な異性に、会う度


ダサいね!


って言われた経験ありますか?

 

私はあります。

 


たかが数年前の話になりますが、
筆者が中高生だった頃の話。

 

華の高校生時代。


男子校という隔離要塞に入っていたトリノ少年。

 

毎月、

頭髪服装検査という検問が行われていました。

 

内容は、


髪は染めていないか。


伸び過ぎていないか。


その規定が、


前髪は眉に掛かってはならない。


サイドは耳に掛かってはならない。


もみあげも長過ぎてはならない。


襟足は学ランの襟に掛かってはならない。


といったもの。

 

 

当時は当然ですが、
毎月この規定に反しないように試行錯誤していました。


しかし、今考えると、
この規定通りにしていたら、
確実にみんなおかっぱまっしぐらなんですよね。笑

 

しかし、根が真面目な筆者。


チャラチャラしたタイプでも無かったですし、


違反したい!


もっと好きにさせろよ!


と、反発したいという気持ちは持っていませんでした。

 

にもかかわらず。


頭髪検査当日。

 

整髪料も付けず、
短めのサラサラの髪でいざ検問へ!

 

出席番号順に廊下に並び、

前から順に4人程の教師に取り囲まれ、

検問が始まります。

 

定期的に行われるこの頭髪検査。

 

行われる事は毎月事前アナウンスされる為、

殆どの生徒は準備を万全にして挑みます。

 

なので、半数以上は確実に合格するんです。

 

目の前で殆どのクラスメイトが合格し、

たまに不合格者が現れる中、

筆者の番が。

 

 

うーん。


アウトだね。


はい、次。

 


え?

 


この世の闇を感じました。笑

 

教室に戻り、
クラスメイトの殆どに言われました。

 

え?トリノそれで引っかかったの??笑


はい。

 

私なんかより遥かに髪の長い人で、
検問を潜り抜けたクラスメイトはいるんです。

 

そういう人達は、


いかに髪を切らないでギリギリまで伸ばせるのか。


いかに検問を上手く潜り抜けられるか。


そればかりを意識する人達なのです。


当時の筆者はそんな人達を、
なんでこんなものに必死になっているんだか。
そんな風に考え、
この検問甘く見ていたのです。


そんな世の中になんの害も与えていない、
純真無垢な心やさしきエコ筆者は検問を抜けられなかったのです。


クソッタレ

 

そう思いましたね。笑

 

この検問

抜けられなかった人は一週間以内に再度担当教師に検査してもらい、

改めて合格をもらって、

ようやく解放されます。

 

学生なので逃げ場もなく、
あまりに抵抗すると、親が呼び出されたり、
目の前で切らされたりするので、

早く再検査に行くのが懸命な判断と言えるでしょう。

 

ということで、

筆者は翌日に仕方がなく再検査に行きました。

 

はい。

何も手をつけませんでした。


しかし。

 


うん、おっけー。

 


は?

 


おっけー。じゃねぇよ!!笑

 

ってなりました。


さすがに。

 

まるで冤罪に問われ、
疑いが晴れたは良いものの、
散々酷い扱いを受けた。

そんな気分でした。


これが、当時の筆者を変えてしまったんですね。

 

髪を短くしなくちゃいけない。

そんなものではなく、

検問の本当に恐ろしい所は、

 

知らぬ間に、

これが当たり前だと植え付けられることだったんです。


綺麗にこの男子校ルールに染められ、
知らぬ間に世間の高校生より、


格段に何かが足りない高校生生活

が始まっていたのです。

 

そこからは、ことごとく男子校の男子生徒という感じでした。

 

そんな中でも、
楽しみ、

カッコつけ、
高校生らしく生活していたんです。

 

周りには同じ様な仲間しかいませんから。

 

 

これが普通だと思い込んでいたんです。

 


しかし、たまたま運が良いことに、
当時のトリノ少年に他校の女子校の彼女が出来ました。

 

この経緯はいつかお話しますが。

 

その子とは良好なお付き合いをしていたのですが、
時々言われていたんです。

 

私服ダサいよね。

 

と。

 

当時、本当に服装に興味が無かった筆者。

 

買え与えられた服をそれなりに着るという、
当たり前の事しか考えていませんでした。

 

買え与えられた服があまりにもダサいもだった、
というわけでもなかったので、
それなりに生きて来れたんですね。

 

しかし、高校生にもなり、
女の子は特にファッションに気を使い始める頃。

 

少し大人っぽい格好をしたり、
オシャレに敏感になるんですよね。

 

それに対し一緒に隣を歩く相手が、
中高生ファッション丸出し。

 

ダサいって言いたくなる気持ちもわかる。

 

お相手がちょっと気の強い子だったというのもあるんですけどね。笑


今になっては、
当時、自分が身に纏っていた衣服がどんなものだったのか、
あまり思い出せないんですよね。

 

それ程までに、


着れるものを着ていただけ。


だったということなんでしょう。

 

高校生は大体制服で生きてますからね。

 

そんな、絶好なファッション目覚めのチャンス!だったんですが。


私、服より食べ物にお金使いたい。

 

そんな人間だったんですよ。

 

 

また前説が 長くなってしまいました…。

 

次回、こんな私が大学生という波に揉まれ、

否が応でも服を意識しなくてはならなくなってしまった。

そんな話にスポットを当ててみたいと思います。

 

(予告とは異なることがあります。ご了承下さい。)

 

 

 

 

コメントや感想などお待ちしております。

 

Twitterもやってます。

お気軽にフォローよろしくお願いします。

 

Twitter,@torinoyuu

 

自己顕示欲は素敵だということについて

こんにちは。

 

 

トリノユウです。

 


前回、
初めてのブログ挑戦だったのですが、
楽しいですね。

 


ブログ。

 

 

筆者の推している、とあるブロガーさんが言っていたのですが。

 

 

 

ブログってたくさんの人へ宛てたお手紙みたいなもの。

 

 

 

というもの。


まさにそれだと思いました。

 

筆者、お手紙大好きです。


もちろん出すのも、
貰うのも。

 

書いていると次から次へと伝えたい事が溢れて、
皆さんの興味が無い話に変わっていたり…。

 

そうならない様に気を付けますね。笑

 

まだまだ発展途上の筆者を生ぬるい目で見て頂けたらと思います。

 


という事で、
前回、
筆者のブログ開始の経緯をお話しました。

 


筆者のブログ全体のテーマを掲げていたり。


前説みたいになっております。


まだの方は、
良ければそちらも。

 

( ファッションと自己顕示欲で楽しく生きたいだけなヒトの自己満記事▶︎
http://torinoyuu.hatenablog.com/entry/2017/05/12/105120

 

 

 

今回は、
前回も多く使わせて頂きました、
このワード。

 

自己顕示欲

 

にスポットを当ててみます。

 


筆者は皆さんに、


自己顕示欲を強く持って欲しい!


と思っています。

 

いきなりなんだよ。


ですよね。

 

自己顕示欲っていうと、


皆さんは

 

マイナスイメージですか?


プラスイメージですか?


それともどちらでもないですか?

 


今更ですが、
自己顕示欲って何だろ?


って方いますよね。

 

自己顕示欲は、

 

私の事を見て!


私ってこんな人間なんだよ!


私って凄くない!?

 

といった具合に、
自己主張したい!という欲求の事らしいです。


一見、

 

よくいる勘違い野郎

 

ちょっとウザい子

 

あまり好かれないタイプ

 

の様な人達に属するのではないでしょうか。

 

確かに、
自分の近くにいるこの様なタイプの人達、
あまり好まれてるイメージは無いですよね。


こうやって聞くと、
自己顕示欲が強いってマイナスイメージですよね。


しかし筆者は、

自己顕示欲の強い人って、
とても素敵な人だと思うんです。


自己顕示欲保持者

 

何が素敵なのか。


それは、

 


実は陰の努力者なんです。

 


自己顕示欲が強い人が陰の努力者って、
どういう事なのか。

 

分かりやすくいうと。

 

 

自分の長所や、


綺麗な部分、


得意なものを他人にPRするのが上手く、


自分を良く見せる為の努力は怠らない、


日々の自己アピール研究も怠らない、


そんな方々が自己顕示欲保持者なんです。

 

確かに、全ての人が!

というわけではないです。

でも、多くはそうだと思うんです。

 

 

最近流行りのドラマ、

人は見た目が100パーセント

を見ている方は少しわかると思うのですが、

 

綺麗で可愛くて、男性陣のウケが良い庶務課の女性陣達は、いつも髪型メイクはキマッてる素敵女子。

見た目が良いからなんでもこなせて、バラ色人生なんだろう。

と主人公達に思われています。

が、実際は、メイクや髪型の研究を欠かさず、

意中の相手や男性に、いかに可愛いと思ってもらえるかの努力の賜物。

 

f:id:torinoyuu:20170513102548j:image

 https://goo.gl/images/SrYzYc

 

 

こういったあからさまな、

他人ウケなモノ以外だと、

好きなモノに対して熱心になる人と同じですね。


例えば。


好きなバンドのグループなど。


新曲が出ればいち早く情報を手に入れて、
すぐにでも曲を聴き、
ライブの情報が入れば、
色んなサイトなどを利用してチケットをゲットしたりする。


このサイトが良い、
どのSNSを見ていれば情報が入りやすいだの、
好きなモノに関しては物凄い情報網がある。

 

これが一般的な人の好きなモノに対する情熱。


自己顕示欲が強い人は、
それが、ただ自分に対する情熱になっているだけだと思うんです。

 

自分を可愛がってあげるのが上手いんです!


そう。


異常な程に。

 


このアプリで写真撮ると可愛くなるとか、


この服が私には似合うんだとか、


今話題になってる所に行ったってみんなに伝えたい!


といった感じに。

 

自分を魅せる為の情熱がすごいんです。


つまり何が言いたいかというと、

 

 

もっとみんな自己アピールしちゃっていいんじゃない?

 

 

自分の事を愛してあげて、


自分を大切にしてあげてほしい、


そして、自分を魅せる努力を怠らないで欲しい。


という事です。


自分を甘やかす訳ではないです。


自分を大切にしてあげるんです。

 


筆者は自己顕示欲という表現を使わせてもらってます。


しかし、悪い意味の、
自己中心的という意味では無く、

 

あくまで、


他人に認められる努力をした上で、
自分を魅せて欲しいのです。

 

 

頑張って、


頑張った分、


周りから評価される。


嬉しいですよね。

 

そして、時には、


頑張ってる人に手を差し伸べ、
応援してあげて欲しいのです。

 

他を蹴落とすのでは無く、


互いを高め合う。

 

 

最大限の自己プロデュース
最大限の自己アピール


です!

 

きっと自己顕示欲丸出しの人を見ても、
僻んだりしなくなる?
かも?

 

負けたくないという気持ちを、
自分の自己顕示欲に変える。

 

全然知らない人だけど、
あの子がこういう風に自己アピールしてるんだったら、
自分もこうやって自己アピールしてみて、
自分も素敵になってやろう!

 

そうやって素敵な人を尊重して、
良い所を真似する事は、
簡単な事では無いですし、
素敵な事だと、

筆者は思いますから。

 

 


…という、
大それた事を述べさせて頂きました。


が、ほぼ、
綺麗事です。

 

すみません。

 

しかし、これが筆者の理想。


筆者は自己顕示欲が強いので、
自分が大好きですし、
多くの人に自分の影響を与えたい!
という欲求があります。

 

だからこそ、こんな胡散臭い事言うんですよね。笑


今、
自分に自信が無い人や、

自分を上手く魅せるのが苦手な人、

自分の事を蔑ろにしがちな人。

 

そういう人達は皆、

 


ちょっとしたキッカケで、


自信を持てたり、


自分を魅せるのが楽しい!


と、なると思うんです。

 

 

そのキッカケが筆者にとっては、

ファッションだったんです。


ここでようやく、
前回から掲げているテーマに繋がります。

 


ファッションと自己顕示欲による
モチベーションの発展

 


なるほど〜!

 

ようやくか。笑

 


という事で、
次回、ファッション関係のお話。

 

筆者がファッションによって少し、
心が豊かになった話を共有していきたいと思います。

 

 

 

 

コメントや感想などお待ちしております。

 

Twitterもやってます。

お気軽にフォローよろしくお願いします。

 

Twitter,@torinoyuu

 

 

ファッションと自己顕示欲で楽しく生きたいだけなヒトの自己満記事

 

こんにちは。


はじめまして。

 

トリノユウです。

 

 

ファッションと綺麗なものが好きな、
よく街で見かける量産型男子学生です。

 

 

ファッションアプリのWEARで細々と活動しています。


ホント趣味程度のレベルで、

多くの人に影響を与えているWEARISTAさん!という訳でもなく、

ただただ普通の一般人です!


(WEARISTAとは、アプリWEARで公式に認められたパイオニア的存在のオシャレさんの事)

 

 

初めてのブログという事で、

少し緊張気味の筆者なのですが…

 

(たかが量産型学生のブログなんですが、筆者とか言うの憧れだったので言わせておいて下さい…)

 


今回は、

なぜブログなんて事を始めたのかという経緯について。

 

大人しくWEARを細々とやってろよ!

という感じなのですが、

 

Twitterを始めてみたり…

 

Instagramを始めてみたり…

 

ブログを始めたり…

 

とにかく色々なSNSに手を出しています。

全然大人しくないんです。

 


はい。
私、自己顕示欲 強いんです!!

 


なんとなくご察し頂いてましたよね。笑

 

 

多くの方の胸の内に秘めたる想い。


自己顕示欲


それを大いに発散させてくれる現代の知恵!


それがSNSだと思うんです。

 

 

連絡手段だったり、

 

交流の場、

 

アルバム、

 

情報の記録…


書ききれない程それぞれの使用目的があり、

どれも正解だと思います。

 

SNSの使用目的の正解を求めたい訳ではありません。


ただ、現代において、

自身の情報をこんなにも手軽に多くの方に発信することの出来るSNSって、
やっぱり恐ろしいですよね。

 

 

あ。

 


話が逸れてしまいました。笑


SNSについては賛否両論あると思います。
が、

ブログを読んで頂いてる時点で、

あなたは少なからずSNSに対して寛大な心で、

関わっているという前提で話を進めますね。

 

 

そんなこんなで、ちょっと恐いSNS


それでも強く自己発信したい!

 

自己顕示したーい!


と思い、この度ブログを開始させて頂きました。

 

 

そのテーマが

 


ファッションと自己顕示によるモチベーションの発展

 

 

うーん。


完全に格好つけてまとめ過ぎましたね。笑


簡単に言うと、

 

いい歳になるまで

ファッションに対して全然興味がなかった筆者が

ある日を境に

ファッションによって人生が明るくなり
こんなにファッションって楽しかったの?
という服好きバカ野郎に生まれ変わった話

 

です。


筆者は服が好きで、

 

ファッションについて語りたい!


情報を発信していきたい!


という割りに、ファッション初心者です。

 

 

そんな私が何故、こんなに必死に文字を書くのか。


それは、以前の自分と同じ様な考えの人達に、

 

少しでも日々のモチベーションを上げてもらいたい!


楽しく毎日を過ごしてもらいたい!


自分と同じ感動をしてもらいたい!


という自己満足の為です!

 

 

はい。
自己満です!

 


最近だと、やっぱりオシャレな人は年齢に関わらずオシャレですよね。


筆者より年下の中高生でも、

私服はとてもオシャレで、

見習いたい人は山のようにいます。


でも、まだ若いとこういう人も多いのではないでしょうか。


「普段着が制服(スーツ)だし、私服は無難な有り合わせで何とかなるでしょう」


と、お金があれば服より他に買いたい物がある!

という人たち。


「今までロクに服なんて買わなかったし、オシャレとかわかんないけど、コレってオシャレなんじゃない?」


そんな学生などなど。

 

 

筆者の記事はそんなオシャレに目覚めていない、

オシャレをこれからしてみたい、

と思っている方に是非とも読んでもらい、

共感してもらいたいのです!

 

 

もう一度言っておきます。

 


筆者はオシャレ初心者です。


本当にオシャレな人からしたら、

こいつ何言ってんだ?

ってなるやもしれません。

 

 

これから記事にしていくのは、


そんなオシャレ初心者な筆者が、


どんな物語を経て、

 

服好きバカ野郎になり、


日々のモチベーションが上がり、


自己顕示欲が強い人間になってしまったのか。

 

そして、

 

ファッションの楽しさ、


疑問や共感して欲しい事柄、

 

について書いていけたらと思います。

 

 

是非とも時間がある方は

記事を読んで頂けたらと思います。

 

 


コメントなど温かいお言葉お待ちしております。